AGA以外での薄毛治療

薄毛の原因は大きく4つあり、遺伝や男性ホルモン、ストレスや生活習慣が原因とされています。

その中でも遺伝や男性ホルモンの影響を受けや薄毛がAGAである可能性が高いです。

ストレスや生活習慣が原因である場合は、頭皮状態を改善する方法などを行うことで改善可能です。

毛穴が脂質で詰まっていたり、薄毛で困っている場合は頭皮や髪のケアがきちんとできていない場合が多いです。

スカルプ系のシャンプーなど頭皮環境を改善するシャンプーも販売していますので、そういったアイテムを使うといいでしょう。

髪の毛は繊細な器官であり、ストレスや喫煙などの生活習慣でも抜けやすくなってしまいます。

この時注意すべきポイントは、抜け毛の本数のみに拘らないということです。

抜け毛の本数が毎日100本を超えるも、季節により紫外線で髪を痛めている場合もありますし、即薄毛が進行していると思うことはありません。

抜けている髪の毛の状態を確認し、細い毛が多かったり十分成長していない毛の場合は注意が必要です。

良い状態の髪の毛はコシもあり、しっかりした状態です。

ただ細い毛である場合は、本人の体質も関係しますが十分成長していない場合があります。

薄毛は、頭皮環境の改善の為の生活習慣の見直しなど、配慮をすることが必要になります。

頭皮の血行不良の他に毛根の栄養不足など、血管に問題がある場合もありますので、毎日のケアも大切になります。

しっかりしたケアを毎日行うと時間もかかりますので、自分なりのポイントを抑えた方法で行った方がいいでしょう。

AGAの治療の他に毎日のケアを継続することも重要なのです。

関連サイト→健康な毛髪とヘアサイクル|髪の悩みのここカラダ